結婚式の演出-ブーケ

こんばんは。
今日はお花(ブーケ)についてお話します。

ブーケはドレスの色や形で決まってきてしまうことも多いと思います。ドレスと同化しないように、同色でも少し濃い目や、濃い色と薄い色の組み合わせにするとよいですよ。
ブーケには、生花、プリザーブドフラワー、造花のブーケがありますが、この中で残らないのが生花です。しかし、今では生花のブーケを残す加工をしてくれるお店や押し花にしてくれるお店もありますので、どのタイプを選んでも思い出に残しておくことが可能です。

また、ブーケは手で持つタイプや手にかけるタイプがあります。
手にかけるタイプは、ゲスト席を回って何かを配ったりする場合に最適ですし、入場の時は、手にもつタイプの方がバランスよい感じがします。
両方使いたいけれど、できれば1個のブーケで2WAYにしたいと言う方にはこんなブーケもありますよ。

手にかける部分をリボンにしておいて、手で持つときはリボンをしまっておき、手にかけるときにリボンをだし、取っ手の部分はリボンなどでかくしてもよいかと思います。(下図)取っ手を花で見えないようにできればベストですね。

ドレス試着の際に色々なブーケを持たせてもらって、好きなものをみつけてくださいね。

お花に囲まれた素敵な結婚式になりますように。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です