PHPとHTMLの分かりやすい記述方法、WebデザイナーのPHP

PHPの条件式などでHTMLを書き出す時に分かりやすく、見やすくする書き方があります。
それは条件式の文末で「:」コロンを使ってHTMLを書き出します。

これはWordPressのテンプレートなどでよく見られる記述方法ですがif文でHTMLを書き出す時、

 
<body>
<?php
if ($URL == TRUE ) {
echo '<strong>新規サイトがオープン!</strong>';
}
else {
echo '新着サイトはありません。';
}
?>
</body>

と通常はしますがこれを

if(条件式):
出力するHTML
else:
出力するHTML
endif;

のように記述します、以下が例です。

 
<body>
<?php if ($URL == TRUE ): ?>
<strong>新規サイトがオープン!</strong>
<?php else: ?>
新着サイトはありません。
<?php endif; ?>
</body>

通常ですとPHPで条件式からHTMLを書き出しますが、「:」コロンを使った記述方法ではHTMLの中にPHPの条件式を混ぜ込むイメージです。
ですのでechoなどとしなくてもHTMLを書けばそのまま表示されます。
なおかつifの後のHTMLが長い場合にはどこでifが終わっているか分かりやすいという利点があります。

「:」コロンを使って記述できる条件式は他にswitch()、while()、for()、foreach()、などがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です